矢野顕子 (Akiko Yano) – さとがえるコンサート (2015, VICL-64318-9) [FLAC+CUE+LOG]

矢野顕子+TIN PAN(細野晴臣、林立夫、鈴木茂)との初ライヴの記録。矢野顕子のデビュー作『JAPANESE GIRL』(1976年発表)でのセッション以前からの仲であるTIN PANとの38年振りの奇跡!あくまで矢野顕子の“さとがえるコンサート”でありながら、TIN PAN、はっぴいえんど関連の楽曲も多くセットリストに組み込まれ、細野晴臣がヴォーカルとしても参加するなど、4人全員が主役のような歴史的ライヴとなったその音源をCD化。 (C)RS

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – Japanese Girl Piano Solo Live 2008 (2014, YCCW-10244) [FLAC+CUE+LOG]

矢野顕子のライヴ・アルバム。デビュー・アルバム『JAPANESE GIRL』(1976年発表)収録曲順どおりに再現された、2008年3月21日すみだトリフォニーホールでのピアノ・ソロ・コンサート“矢野顕子リサイタル2008”の模様を、配信限定音源にリマスタリングを施しCDクオリティーでリイシュー! (C)RS

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – 矢野顕子、忌野清志郎を歌う (2013, YCCW-1092) [FLAC+CUE+LOG]

矢野顕子による忌野清志郎トリビュート・アルバム。生前交流の深かった忌野清志郎の作品から矢野顕子自身が選曲し、リスペクトを込めて新録カヴァー。カヴァーでありながら矢野オリジナルのように聴き手を魅了する一枚。N.Y.郊外の矢野顕子プライベート・スタジオ「パンプキン」にて弾き語り録音された楽曲は、エンジニアの吉野金次がミックスを担当。 (C)RS

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – LOVE IS HERE (1993, Epic Japan) [FLAC+CUE+LOG]

「矢野顕子」名盤復刻!本作は、1993年発表のアルバム。前作『LOVE LIFE』の作風をさらに発展させた、ニューヨークを強く感じさせる作品。ジャケットもニューヨークを背景にしたカラフルなイメージで、サウンド的にもニューヨーク録音らしく力強いバンド・サウンドに仕上がった一枚。 (C)RS

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – 荒野の呼び声 – 東京録音 (2012, YCCW-10175) [FLAC+CUE+LOG]

矢野顕子のライヴの凄さがわかるライヴ・ベストアルバム決定版リリース!
更にスタジオ収録による新曲1曲を加えた全12曲収録予定。

矢野顕子の様々なライブ・スタイルを一枚にまとめたライブBEST。
「矢野顕子ってライブが凄いんです! ! 」と素直に云える決定版。
2009年、2010年夏のBlue Note公演、2009年NHKホール(東京)の「さとがえるコンサート」他よりのベストセレクト11曲に、
2012年4月ニューヨークでのスタジオ収録による新曲1曲を加えた全12曲収録予定。

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – 音楽堂 (2010, YCCW-10108) [FLAC+CUE+LOG]

世界でもその才能を認められる唯一無二の個性派シンガー&ピアニスト矢野顕子。ファンの間でも人気の高い弾き語りアルバムの4作目が届いた。このシリーズには欠くことのできない存在であるエンジニアの吉野金次が病に倒れて、3年間頓挫していた作品だ。吉野の復帰により伸び伸びと自由奔放に歌い弾くことだけに没頭している矢野の姿が目に浮かぶよう。ヴァラエティに富む選曲も彼女らしいもの。

Read More

矢野顕子 (Akiko Yano) – Akiko (2008, YCCW-10089) [FLAC+CUE+LOG]

矢野顕子の27枚目となるオリジナル・アルバム。グラミー賞を受賞した音楽プロデューサー`T・ボーン・バーネット`を迎え、全曲ロサンゼルスとニューヨークで録音。1stアルバム『JAPANESE GIRL』を感じさせる原点回帰と、30年以上が経った矢野顕子の成長をミックスした圧巻の仕上がりです! (C)RS

Read More